市販Nicola(親指シフト)キーボード

 市販されている・いた専用のNicolaキーボードとしては、いずれもPS/2接続で、

  • FMV-KB211
  • FMV-KB611 / OAKB-193 / FMVTW-KBS / FMV-KB613
  • FMV-KB661
  • Rboard

があります(とりあえずFMR/FM-TOWNS/OASYS/FACOMとか、かつてのSONY NEWSとかは考えない)。これらは後述する106キーボードNicolaの刻印をしたものと異なり、内部的にキーコードを変換する機能を持っています。ただ、FMV-KB611/613/661は特殊で、611モードと211モードの両方を持っています。

 これらをBSD/Linuxで使用する場合、(FMV-KB611/613/331ではFMV-KB211モードにして、)JIS仮名入力できるIMでモードずれを手動で修正しながら入力することになります。

 一方、JISキーボードにNicolaを刻印したキーボードは意外とあり、

  • FMV-KB231
  • FMV-KB232
  • FKB-8579USB
  • FKB-7628-801 (Thumb Touch)
  • ライフラボ社製親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード
  • FMVのノートPCのNicolaモデル

などがあります。これらは内部的には106/109キーボードですので、通常のJISキーボードと同様に、BSD/Linuxだとキーボードエミュレーション機能付きのIM(例えばscim/ibus/fcitx-anthyなど)やキーボードエミュレーター(oyainput、かつてはQ’s Nicolatter for X)、Emacs内限定でskk-nicolaを使うことになります。

 FMV-KB231なんて見た目FMV-KB211とそっくりですが、親指シフトキーを押しても変換や無変換キーのコードが出力されます……。